「REJELL」とは、北ドイツの言葉で「正直な」という意味。
クライアントや出演者、そしてオーディエンスと同じ目線で語り合っていきたい。
そう思ってこの名前をつけました。

映像を作るだけでなく、キャンペーンの開発や企画のアイデア段階から
実際のプロダクションまでをトータルで手がけます。
感動的なストーリーを、実直な姿勢で描き出す。
そんな風に語られた物語こそ、皆の心に響くと思うからです。

私たちのアプローチはジャーナリスティックなもの。
まずは対象に近づいて、問題を掘り下げていきます。
そこにある現実が 私たちのこころを揺さぶる
ストーリーテリングの根底をなしているのです。